チョークアートレタリング!おしゃれな文字を書く7つのコツまとめ

アイデア

チョークアートで気を使う部分であるレタリング。

レタリングのうまさでおしゃれな雰囲気を伝えることができます。

オイルパステルのチョークアートでも、黒板に白のチョークを使う黒板アートにおいても

おしゃれに文字を書くことは共通します。

本日は、おしゃれな文字(アルファベット)を描く重要なコツを紹介します。

スポンサーリンク

チョークアートでおしゃれに文字を書く7つのコツ

チョークアートで文字をおしゃれに文字を書く上で基本的な情報を紹介します。

具体的詳細な書き方は、リンクを貼っていますのでそちらからご覧ください。

フォントや文字の特徴

 

アルファベット26文字のそれぞれの特徴をご存知でしょうか?

学校で習ってから、普段何気なく目にするアルファベットですが、それぞれ特徴があります。

しっかりその特徴を書くことで文字を綺麗におしゃれに見せることができます。

アルファベット文字の太くなる部分や細く書く部分、またフォント違いによる文字の特徴を

理解して書くことが大切です。

チョークでおしゃれな文字を書く!アルファベットの特徴と書き方
黒板にチョークでアルファベットを書く際のコツや綺麗に書く方法を紹介。簡単なアルファベットの規則や文字の書き方のコツを覚えることで綺麗な仕上がりに見せることができます。

事前準備をしっかりとする

 

道具を揃える、書く環境を整えるのはもちろんです。

ここ言う事前準備とは、下書きです。

おしゃれな文字を書く上で最初にイメージを作っておくことはとても大切です。

走り書きの字を書いてしまうと、黒板に書く際にもしっかりとしたものができません。

チョークアートの作品を作る際にも下絵はとても大切なパートです。

何事も最初の準備段階が大切です。きっちりイメージを書きましょう。

 

道具を揃える

 

文字を書く!その前に道具をしっかりと揃っているか確認。

細い文字を書く、太い文字を書く、細い線や太い線を引くなど、道具を適切に使い分けて

書くとより綺麗な文字ができます。

太さや細さに対応する道具はちゃんと用意しているか。

オイルパステルやチョーク、マーカーそれぞれのアートに合わせて、

太いもの、中間、細いものをそれぞれ用意しておくといいです。

白いチョークを使う黒板アートに関して、先の尖ったチョークを用意する場合は、

アイライナーシャープナーを使うことで先の尖ったチョークができます。

黒板にチョークでおしゃれ文字やイラストを書く!必要な道具を紹介
学校とかで使われる白い普通のチョークを使って、お店のメニューを書いたりしている黒板がたくさんあります。少しこだわってオシャレに見栄え良く黒板を仕上げたい!っという方もいらっしゃるかと思います。ちょっとした道具を使うだけで見栄えも変わってく...

 

文字を書く前にガイドを書く

 

いきなり下書きの文字を黒板に書くのではなく、

黒板にガイドを書き文字の大きさや全体のバランスを確認しながら書きます。

ガイドを使用することで、書く文字のサイズや幅が確認することができるます。

また、全体のバランスを確認が簡単です。

ガイドを書く際には、消えやすいように薄く書きましょう。

ガイドを消すときは、綿棒を使用すると細かい部分も消しやすいです。

 

文字の大きさ、間隔、統一させること

 

おしゃれに見せる上でとても大切なことです。

文字の大きさを揃えて書くこと。

文字の間隔を均等に取ること。

これらがバラバラに書かれていると統一感がなくおしゃれには見えません。

また、バランスのいい配置にすることも大切です。

 

実際に、上手い人の文字を参考にする

文字をおしゃれに書く方法を学ぶためには、

やはりなんども書くと言うことと共に、上手い人の文字を参考にすることが大切です。

インスタグラムでは素敵な文字を見て学ぶことが可能です。

私はこの方をよく参考に勉強しています。

P+H Chalkさん(@pandhchalk)がシェアした投稿

 

飾りをつけておしゃれさUP

 

文字を装飾する飾りをつけておしゃれにします。

文字の特徴を生かして、文字全体に流れるような形にすることでよりおしゃれに見えます。

まっすぐな線で文字を書くことや、線を少し柔らかく書くこと。

黒板アートでは、文字に合うようなイラストをそばに書き足すととてもおしゃれになります。

 

以上が、チョークアートにおいて文字をおしゃれに書くコツです。


あわせて読みたいオススメ記事

チョークアートでのレタリング!綺麗な文字の書き方を写真付き解説
チョークアートでのレタリングは作品をよく見せる上でとても重要なポイントです。手書きでの綺麗な文字の書き方、アルファベットの特徴やを写真付きで解説しています。またおしゃれなレタリングの見本を紹介。

 

アルファベットを描く練習にオススメの文章

 

おしゃれなアルファベット文字を描く上で練習に適した文章があります。

それは、

The quick brown fox jumps over the lazy dog

素早い茶色の狐は、だらしない犬を飛び越えると言う意味です。

これがなぜ練習になるかと言うと、全てのアルファベット文字が使われているからです。

この文字の配置を考えて、下書きをし黒板に書き練習します。

 

書きたい文章が思い浮かばない場合は、この文章で練習するといいですよ。

もう書きたい文章がある人は、文字の特徴に気をつけながら練習ですね。

 

まとめ

チョークアートで必要なレタリング、おしゃれに文字を書くコツをまとめました。

ただ文字を書くと言うことですが、文字の特徴を意識して配置を考えたり、

文字の大きさ、間隔を考え、全体のバランスを整えて書くなど、意識することがあります。

ちょっと意識すると大きく出来栄えが変わってくるので注意したいところです。

sato.

オーストラリアで資格取得。2015年9月頃からチョークアートアーティストとして、チョークアートを描いております。
Twitterやインスタグラムにて、記事の更新通知しているので、フォローしていただければ幸いです。

詳しいプロフィールはこちら

sato.をフォローする
アイデア文字
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
sato.をフォローする
スポンサーリンク
satochalkart-チョークアートや黒板にオシャレに手書きイラストやカフェのメニューの書き方

コメント

  1. なな より:

    こんにちは。いつも読ませてもらってます😊
    チョークを塗った上に小さい文字を入れたいとき、普通なら黒鉛筆で書くのですが、色付きの文字にしたいときはどうされてますか?チョークを削って細くして書くと、かすれたり濃くなったりして綺麗に書けません。uni-ball SIGNOも試してみましたが、ペン先にチョークが入ってしまって…。何かいいアイテムなどありましたらご教授いただけたらと思います。

    • sato. sato. より:

      なな 様

      いつも閲覧いただき大変ありがとうございます。

      チョークで塗った上に文字を入れるとは、
      例えば、リボンを描いた上に文字を書くという状況に似ているでしょうか?

      そのよう場合でしたら、
      絵を完成させてから、文字を書き加える前に、
      一度スプレーを先にかけて乾かしてから、文字を加えるという方法がいいかと思います。
      スプレーをかけてからであれば、ペン先にチョークが入るということもなくなると思います。

      一度この手順に関して、記事を作成して詳しく書かせていただきたいと思います。

      • なな より:

        ご返信ありがとうございます。
        なるほど!スプレーしてから文字を入れるのですね!
        スプレー=仕上げという認識でしたので、全く思いつきませんでした、、、
        さっそく試してみます!
        記事も楽しみにしていますね。

        • sato. sato. より:

          なな 様

          他の絵の部分を完成させて、
          スプレーをし文字を一番最後に書き加えて、
          また、最後に仕上げでスプレーをかけるといいかと思います。
          ぜひ試してみてください。

          いつもサイトを閲覧いただきありがとうございます!