チョークアートでのレタリング!綺麗な文字の書き方を写真付き解説

描き方

こんにちは、sato.(@satochalkart)です。

チョークアートは絵をだけでなく、字も大切です。
今日は、文や単語の書き方!レタリング!についてです。文や単語を書いた際に、なぜかバランス悪い。。。そんなことはありませんか?ちょっとしたコツを知るだけで、簡単に綺麗な文字を書くことができます。

文や単語を装飾された文字で書く事によって、作品の伝えたいイメージを言葉にしてより良く伝えることができます。特に、カフェのメニューやウエディングでのウエルカムボード制作に使えます。

本日は、チョークでのレタリング、写真付きで綺麗な文字の書き方について紹介します。

ここを参考に、文字がバランスよく書けるようになったら、文字をアレンジしみましょう。

スポンサーリンク

チョークでの文字や単語の書き方

簡単に、文や単語の各手順を書いていきます。
チョークアートでも文や単語を書く際は同じ手順で書きます。

黒板

まず、文や単語を英文字を書いていく前に、どこに配置するかを考えます。

そして、文字と文字の間隔をおおよそ決めておきます。

チョークで書いた文字 Happy

書く場所を決めたら、文字数や文字の大きさを考えて中央の文字から書いていきます。
この写真の文字の『Happy』は、中央のpから書いていくとバランスよく書くことができます。

また、
文字を配置して書く際に注意したい点として、
FIJLTなどの文字は、文字幅が他の文字より細く、
GHKMWなどの文字は、文字幅が他の文字より太くなります。
これを意識しないと、全体に少し違和感が出たり、バランスが悪くなったりするので注意してください。

チョークで太く書いた文字 Happy

あとは、太くするところは太くしていきます。
文字を書く際のルールはこちらをご覧ください。

少し筆記体のような感じで書いてみても綺麗に書くことができます。
このような手順で書くと文字がバランスよく書くことができます。

この基本がわかれば、あとは文字を自分の好きなように配置し、
いろんなフォントを使ってみたり、飾りを付けてオシャレなアレンジをしていきましょう。

オシャレなレタリング

レターだけでもかなりオシャレな作品がたくさんあります。
オシャレなレタリングを参考にして、自分のレタリングに活かしていきましょう。
そんなオシャレなレタリングを紹介します。

 

P+H Chalkさん(@pandhchalk)がシェアした投稿

まとめ

チョークアートにおいてレタリングも重要な要素です。
素敵な着色ができて、素敵な文字が書けるとより素敵なものができると思います。
ぜひ、ここを参考にレタリングのデザインを考えて見てはいかがでしょうか?
少しでも参考になればと思います。
@satochalkartでした。
では、

この記事に関連するオススメ記事

sato.

オーストラリアで資格取得。2015年9月頃からチョークアートアーティストとして、チョークアートを描いております。
Twitterやインスタグラムにて、記事の更新通知しているので、フォローしていただければ幸いです。

詳しいプロフィールはこちら

sato.をフォローする
描き方文字
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
sato.をフォローする
スポンサーリンク
satochalkart-チョークアートや黒板にオシャレに手書きイラストやカフェのメニューの書き方