iPad Proのアプリ『Procreate』でレタリングの練習や作品制作が快適

iPad ProとApple Pencil アイデア

iPad Proを購入しました。手描きで下絵を作成したり動画を作成したりと多目的のために購入しました。このiPad Proに絵を描くアプリ『Procreate』を入れたところ、レタリングの練習や作品の制作が簡単にできるようになりとても便利になりました。

本日は、
iPad Proのアプリ『Procreate』の紹介するとともに、簡単な使い方やレタリングに便利な点を紹介します。

スポンサーリンク

iPad Proで『Procreate』を使ってレタリングの準備

iPad ProとApple Pencil

iPad ProでアプリのProcreateを使ってレタリングの練習や作品を作成していきます。
ここで必要なものは、以下の通りです。

  • Pad Pro
  • Apple Pencil
  • Procreate
  • ペーパーライクフィルム

必要なものは以上のものです。
Procreateは、有料の絵を描くアプリです。
ペーパーライクフィルムは、iPad Proの画面が紙に書いているような書き心地になるフィルムです。

iPad ProやApple Pencilは購入するには値段が高いですが便利です。
チョークアートの絵の構想や下絵を考える、動画編集など様々な場面で使用できます。

Procreateは有料のアプリケーションです。
絵やイラストを描くなら1番で多くの方が使用している有名なアプリです。
アプリ内のペンの種類やペンのカスタマイズ、レイヤー操作など沢山の機能が使用できます。筆圧の感知もされます。

Procreate

Procreate

Savage Interactive Pty Ltd¥1,200posted withアプリーチ

ペーパーライクフィルムは、iPadの表面に貼る保護フィルムです。
このフィルムを貼ると紙のような書き心地になります。

私はApple Pencilのペン先の消耗が早くなるのでペーパーライクフィルムは使用していません。
iPadでも、紙と変わらないようにして作業されたい方にはいいアイテムです。

『Procreate』の使い方

iPad ProアプリのProcreate

画面いっぱいに描く場所があり、描く操作も簡単にすることができます。
Procreateを開いてサイズを選択し画面を開いたら、作業の画面が現れます。

Procreateの操作画面

私がレタリングで使用する機能は、描画ガイド、ペン、消しゴム、レイヤーです。
特に難しい操作もなくとても使いやすいアプリです。

『Procreate』でレタリングの練習

具体的にレタリングの練習の流れを紹介します。
まず、練習をする時には適当なサイズで新規作成します。

Procreateで新規キャンバスを作成

新規キャンバスを作成すると、作業の画面が開きます。

まず、描画ガイドを表示させてから、ペンを選んで書きます。

Procreateで描画ガイドを表示させる

今回は、ブラシライブラリにあるカリグラフィのブラシペンを使います。ブラシの色は黒色です。

Procreateでブラシを選択

一度書いてみて、納得いく文字が書けたらそれをなぞるように練習していきます。

Procreateでレタリングを描く

なぞり書きをする時には、書いた文字のレイヤーの不透明度を30%にし、このレイヤーの上に新しいレイヤーを追加させて、新しいレイヤーに文字を書きます。

Procreateでレタリングの練習

不透明度を下げたレイヤーをなぞるようにしながら、納得のいく線や文字の大きさを書いていきます。

Procreateでレタリングの練習

納得いく文字が書けない場合は、書いた文字を後から伸ばしたり縮めたりして変えてみることで自分の好きなイメージに近づけることもできます。

Procreateでレタリングの選択して変形

納得のいく文字が書けたら、ギャラリーをタップして、選択を押して画像を選択、共有をタップしてからイメージフォーマットを選択します。

Procreateの書き出し

イメージのフォーマットを選択したら、画像をどこに保存するかを選択します。
私は『画像を保存』を選択しています。

procreate画像の保存

書いたものがこちらです。

Procreateで描いたレタリング作品

Procreateで書くと紙に何度も書くよりもこちらの方が自分の文字のクセや直したいところに気付きやすく感じます。

iPad Proで『Procreate』を使う便利な点

iPad ProでProcreateのアプリは、絵やイラストはもちろんレタリングをするにもとても便利なアプリです。というのは、以下の通りです。

  • 何度もやり直しができる
  • 工夫次第でいろいろできる
  • SNSにアップが簡単

何度も書いて練習できます。
やり直して書くことや自分の納得のいく文字を何度もなぞって練習できるのは素晴らしいです。
また、紙が無駄にならず、練習に使う紙が増えない点もいいです。

アイデア次第では新しい使い方や作品ができる環境があります。
色を変えたり書いた文字の大きさや形を変える操作も簡単にできます、またブラシも自分の思い通りのものに設定することも可能です。

Procreateでは、他の方が作ったペンのデータを入れることができます。
私は、海外のレタリング作家の方が使っていたペンを購入し使用しています。Bounce Lettering Procreate Brushです。海外のいろんな作家の方がオススメしてたので購入しました。実際に書いて見ましたが、線の強弱が強く出るいいペンです。個人的にもオススメなペンです。

Bounce Lettering Procreate Brush、(アプリ内ではBouncy Calligraphy 2.0)のペンを使って書いてみました。

ProcreateのBouncy calligraphyのペン

Bounce Lettering Procreate Brushのペンは海外サイト『Creative Market』にて3ドルで購入できます。
クレジットカード、デビットカードで購入することができます。
クレジットカードの情報を入力したくない方は、PayPalを使用して決済も可能です。

文字を書いてから、JEPGに書き出してすぐにSNS(TwitterやInstagram)にシェアが簡単にできます。個人的にはこの点はお気に入りな点です。

最後に

iPad Proのアプリ『Procreate』を使って、レタリングの練習や作品制作について紹介しました。
太い線や細い線を書く練習にも便利です。

個人的には、iPad ProやApple Pencil、Procreateはオススメです。

iPad Pro、Apple Pencil、Procreateと全てを揃えると値段はすごく高くなりますが、
私の場合タリングはもちろん、チョークアートの下絵を書いたり、今後動画の編集もするのでiPad Proを購入しましたが、大変満足しております。

是非試してみてください。

sato.

オーストラリアで資格取得。2015年9月頃からチョークアートアーティストとして、チョークアートを描いております。
Twitterやインスタグラムにて、記事の更新通知しているので、フォローしていただければ幸いです。

詳しいプロフィールはこちら

sato.をフォローする
アイデアレタリング描き方
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
sato.をフォローする
スポンサーリンク
satochalkart-チョークアートや黒板にオシャレに手書きイラストやカフェのメニューの書き方

コメント