アルファベットのレタリングでも少し難しい『M、N、S』の書き方を解説

描き方

レタリングをする上でいくつか書き方が難しい文字やどこの線を太く書くのか他とは違う文字があります。
中でも、『M、N、U、S、Z』の書き方は他の文字と比べてバランスをとって書くことや
どの線を太くするのか細くするのかが他の文字とは違ってきます。

本日は、『M、N、UとS、Z』の書き方について紹介します。
他のアルファベットの書き方はこちらをご覧ください

チョークでおしゃれな文字を書く!アルファベットの特徴と書き方
黒板にアルファベットの文字を書いていきましょう! アルファベットで書くとオシャレな雰囲気が出せます。 簡単な英単語を書くときにすごく使えます。 お店の黒板を書き換える際に、使える情報を書いていきます。 カフェの店員さん必見の内容です...
スポンサーリンク

アルファベットでレタリング、文字の書き順

M、N、U、S、Zの文字を書く前に、アルファベットの書き順を紹介します。
ほとんどのアルファベットの書き方は問題なく書けると思います。
気をつけたいアルファベットの書き順として、H、M、Nがあります。

以下の画像が書き順になります。

この3つの文字はまず左の縦線を書き、右の縦線を書いてから、間の横線や斜めの線を書いていく書き順になります。この書き順で書くと文字の幅や大きさを綺麗に統一することができます。
偏りが少なくなるという感じです。

アルファベットのM、N、U、S、Zの書き方を解説

ここでは、セリフ無しの文字とセリフ付きの文字を書いていきます。
セリフとは以下の部分を言います。

セリフ無しのMとNとUの書き方

セリフなしのM、N、Uの書き方です。まずは縦線を書いていきます。
Uは一番下まで縦線を書かずに、少しスペースを空けておきます。

 

Mの書き方

1. 縦線を2本引いた間、ちょうど中心になる部分に斜め線がくる位置の目安を作ります

 

2. 真ん中に向かって、斜めの線を引いていきます。Mの形が出来上がりました。

 

3.均一に文字を太くしていきます。太さを均等に書くことが大切です。
線の幅が統一されていると文字が綺麗に見えます。

 

4. 中を塗りつぶせば完成です。

以上が、セリフなしのMの書き方です。

Nの書き方

Mの書き方と同じように縦線を2本書きます。
Nの斜め線を書くときに、右の縦線の一番上から、左の線の下の部分に線を繋げます。

あとは、中を塗りつぶすだけで出来上がります。

Uの書き方

1.  縦線を2本引き、線の間の中央の下線に目安をつけます。

 

2. 2つの線の一番下から目印に向かうカーブを左右から書いていきます。

 

3. M、Nと同様に線を太くして完成です。

セリフ付きの文字の書き方ですが、基本的な流れは、セリフ無しの文字の書き方と同じです。

気をつけたいポイントに絞って書いていきます。

セリフ付きM、N、Uの書き方

 

縦線を2本引きます。

Mを書く際に、書き順とは違いますが、先に右側からの斜めの線を書きます。
右側の斜め線は細く、左側の斜め線は太く書きます。
最初に細い線を描く方が、後から太い線の太さを調節しやすいです。左側からの斜めの線は太い線なので、先に右側から書くとバランスが取れます。

 

Nは2本の縦線を細く、斜めの線を太く描き、セリフをつけると出来上がります。
Uは2本の縦線を書き、左側の線を細く右側をの線を太く書きます。
太い線が下のカーブの線でだんだん細くなるように書いていきます。

ここまでかけたら、ガイドを布や綿棒などで拭き取れば完成です。

セリフ付きの文字を書く際には、
アルファベットの特徴を知り、線の太さを書き分けることも必要です。

チョークでおしゃれな文字を書く!アルファベットの特徴と書き方
黒板にアルファベットの文字を書いていきましょう! アルファベットで書くとオシャレな雰囲気が出せます。 簡単な英単語を書くときにすごく使えます。 お店の黒板を書き換える際に、使える情報を書いていきます。 カフェの店員さん必見の内容です...

セリフなしのSとZの書き方

セリフ無しのSを書いていきます、Sは特に難しいです。
1. 上の部分のカーブを大きく下の部分を少し小さめに書きます。

2. 上の部分のカーブを小さく、下の部分を大きく書きます。
文字の太さが統一されるようににバランスをとりながら書いていきます。

書き始めを斜め線で塞ぐとSのアウトラインが出来上がります。
あとは、中を塗りつぶせばSが仕上がります。


セリフ無しのZを書いていきます。


斜めの線から太くして書くと書きやすいです。


上下の線を斜めの線と同じ太さで書き、中を塗りつぶして完成です。

セリフ付きS、Zの文字の書き方

1. 普通にSを書きます。

セリフ付きのSの文字は中央部分が太くなっています。

2. 中央部分を太くするため、写真のような線を付け加えます。

そして、中身を塗りつぶしてセリフをつければ完成します。
セリフ無しのSの書き方とは異なります。

セリフ付きのZは、横線を細く書き、斜線を太く書き、セリフ無しで書いた時と全く同じように書いてください。

Zに関しては直線ばかりなので書きやすいですね。

ガイドを消して、完成となります。

まとめ

M、N、U、S、Zを書く中で、特にSは難しいですね。よく使う文字なので綺麗に書けるようにしておきたいです。

セリフ付きの文字に関しては、
文字の太さ、大きさをしっかり統一させて書くと綺麗に見えます。

セリフ付きの文字に関しては、
アルファベットの基本を頭に入れて書くことが大切です。

アルファベットを書くだけですが、意外と奥が深いですね。

この記事に関連するあわせて読みたい記事

見本にしたいおしゃれな英語のレタリング!参考になる作品を紹介
おしゃれな空間の演出に大きな役割を果たすレタリング。 カフェのメニューやお店のポップや看板、ウエディングでのウエルカムボード、 そして、チョークアートでも重要な部分であるレタリングです。 本日は、見本にしたいおしゃれな英語のレ...
チョークアートレタリング!おしゃれな文字を書く7つのコツまとめ
チョークアートで気を使う部分であるレタリング。 レタリングのうまさでおしゃれな雰囲気を伝えることができます。 オイルパステルのチョークアートでも、黒板に白のチョークを使う黒板アートにおいても おしゃれに文字を書くことは共通...
チョークアートでのレタリング!綺麗な文字の書き方を写真付き解説
チョークアートでのレタリングは作品をよく見せる上でとても重要なポイントです。手書きでの綺麗な文字の書き方、アルファベットの特徴やを写真付きで解説しています。またおしゃれなレタリングの見本を紹介。
描き方文字
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
sato.をフォローする
スポンサーリンク
satochalkart-チョークアートや黒板にオシャレに手書きイラストやカフェのメニューの書き方