初心者必見チョークアートの基本!立体図形の描き方を写真付き解説

チョークアート

チョークアートで立体図形が綺麗に描けるといろんな絵に応用して描いていくことができます。
チョークアートをやる上でとても練習になるので立体図形を描いて、光の当たり方や影のでき方、
そして、オイルパステルの混ぜ方を学ぶことができます。

本日は、チョークアートで立体図形を描き方を紹介します。

チョークアートをこれから始めるという方や、初心者の方、教室が近くになくてやりたいけどできない方の参考になれば幸いです。

道具に関してはこちらを参考にしてください。

チョークアートを始める!基本的な画材や道具を揃える!道具まとめ
黒板にステキな絵を書くチョークアートをご存知でしょうか?趣味でチョークアートを始める方も多いです。チョークアートを始めるならどんな道具を揃えればいいのかを紹介します。値段も安く購入しやすいものをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。...
スポンサーリンク

立体図形でチョークアートの描き方の練習

チョークアートで立体的な図形を描いていきます。
チョークアートを練習する上で代表的な 球体、三角錐、立方体、円柱

これらを描いて、基本的なチョークアートの描き方の知識を得ることができます。
記事を参考に見ながら描き進めていくと練習になります。

チョークアートの描き方での意識すべき3つのポイント

チョークアートで絵を描く際に意識したいポイントを3つ紹介します。

  1. 光が当たる場所を意識して描く
  2. 色を塗るときは優しく
  3. 色を混ぜるときは優しく

それでは、球体から描いていきましょう

チョークアートの球体の書き方

まずチョークアートで球体を描く手順です。

下絵を作成

チョークアートの下絵

紙に円を描きます。
納得いくまで描きうまくかけたら、黒板へ描いていきます。

まず、ペーパーペンシルで、黒板に描きます。

ペーパーペンシルで球体の下絵

ペーパーペンシルても納得のいく円がかけたら、白鉛筆でペーパーペンシルの後をなぞります。
これで下絵から黒板に描く準備ができました。

※複雑な絵を描いた場合、トレーシングペーパーを使って、黒板へと描いたものを移す方法もあります。

オイルパステルの色を選ぶ

使用するオイルパステル

最初なので、白を含め5色。だんだん色が濃くなるように、色を選んでください。
今回選んだ色は、

  • No.100 WHITE
  • No.135 LIGHT BLUE
  • No.136 PEACOCK BLUE
  • No.137 COBALT BLUE
  • No.140 PRUSSIAN BLUE
    ※ぺんてるのオイルパステルのナンバーです

オイルパステルで着色

選んだ色で着色をしていきます。下絵の円を着色して球体に見えるようにしていきます。

着色の際は、先ほどの3ポイントを意識することで綺麗に仕上げることができます

  1. 光が当たる場所を意識して描こう!
  2. 色を塗るときは優しく
  3. 色を混ぜるときは優しく

着色を始めるに当たり、まず光が当たる場所を決めます。
ここでは、わかりやすく中央に光が当たっているように描いていきます。

色は中央からNo.100 WHITEを着色し、外側に向けて色が濃くなっていくように描いていきましょう。

白のオイルパステル

次に、LIGHT BLUE で着色していきます。

オイルパステル 着色

そして、他の色も同じように塗っていきます。

オイルパステルを塗る

写真のように塗れたら、次は色と色の境目を着色していきます。

色を混色

ちょうど、色と色の境目を薄い方の色で円を描くように塗っていきます。
優しく塗っていってください。

オイルパステルで着色と混色

全体部の境目の色を混ぜていきます。

指を使って混色していく

色をなじませる

色と色の境目を指でなじませていきます。優しく色を混ぜていってください。

色をなじませる

全体的に指でなじませていってください。
薄い色のところに濃い色がつかないように気をつけてください。

ここまでできたら、最後、黒鉛筆で縁取りをしていきます。

黒鉛筆で球体の縁取り

以上が、球体の描き方です。

チョークアートで三角錐を着色する

三角錐の描く手順

三角錐を描いていきます。先ほどの手順のように、下絵を作り黒板に移します。
そして、着色する色を選びます。

使用するオイルパステルを紹介

今回選んだ色は、

  • No.100 WHITE
  • No.143 SAP GREEN
  • No.137 BOTTLE GREEN
    ※ぺんてるのオイルパステルのナンバーです。

三角錐は、円柱とは違って見えているのは、面です。

球体のようにだんだん濃くなっていくという、グラデーションは必要ありません。
光の当たる面と当たっていない面を意識して着色していきます。

全体にオイルパステルを塗る

基本となる色No.143 SAP GREENで全体を塗っていきます。優しく塗り進めてください。

三角錐の光の当たる面を着色

光が当たっている面には白をかぶせて塗ります。

三角錐の影になる部分を着色

光が当たる反対側(影ができる側)には、暗い色を被せて塗ります。

色を指でなじませて黒鉛筆で縁取り

そして、指でなじませて、黒鉛筆で縁取りをしていきましょう。
少し大げさに光が当たっている筋をつけたりすると、立体感が出ていいです。

以上、三角錐の描き方です。

三角錐を意識して着色した作品はこちらをご覧ください
チョークアートでクリスマスツリーの描き方!写真付きで解説

チョークアートで立方体を着色

チョークアートで立方体を着色していきます。
先ほどの三角錐と比べ、見えている面が三面あります。
三面のどこに光をあてるのかを意識して色を塗っていきます。

基本的な手順は、球体や三角錐と同じで『下絵作成→黒板に移す→色を選ぶ→着色』となります。

チョークアートで立方体を描く手順

色を選びます。

立方体に使用するオイルパステル

今回選んだ色は、

  • No.100 WHITE
  • No.123 RAW SIENNA
  • No.126 TERRA COTTA
  • No.127 INDIAN RED
    *ぺんてるのオイルパステルのナンバーです。

立方体が描けたら、光の当たる方向をを考えます。
今回は上から光が当たっているとして、色をつけていきます。

三面あるので白を含めて4色を選んで塗っていきましょう。
色ぬりに関しては、先ほどの三角錐と一緒です。優しく塗り進めていきましょう。

三角錐と同様、基本となる色No.123 RAW SIENNAを全体的に優しく塗ります。

立方体をオイルパステルで着色

光の当たる面には白をかぶせて塗り、影になる部分には、暗い色をかぶせて塗ります。

立方体の光と影を着色

上部の面は、基本色のままで、三面の色が完成です。

立方体を黒鉛筆で縁取り

指で色をなじませていき、黒鉛筆で縁取りをして完成です。
この描き方を応用することで、食パンを描くことが出来ます。

それでは最後の円柱の描を描いていきます。

チョークアートで円柱を着色

チョークアートで円柱を描く手順

円柱を着色していきます。
ここは光が上部からと正面からの二箇所から当たっているとして描いていきます。

上部の面に光が当たっていることと、正面から曲面に光が当たっていると考えてください。

今回選んだ色は、

  • No.100 WHITE
  • No.115 ROSE PINK
  • No.117 ROSE MADDER
  • No.114 CRIMSON LAKE
  • No.120 DEEP MADDER
    *ぺんてるのオイルパステルのナンバーです。

No.117ROSE MADDER を基本の色として、全体を優しく塗っていきます。

円柱おオイルパステルで着色

上の面に白をかぶせて塗ります。そして、曲面を表現するように塗っていきます。
中央に白色をのせ左右に進んでいくように色を暗くして塗っていきます。

円柱の全体をオイルパステルで着色

色と色の境目を薄い方の色で塗っていきます。ここは、球体を塗った時のようなグラデーションをつくるイメージで着色していきます。

円柱の光と影をオイルパステルで着色

境目を指でなじませて、黒鉛筆で縁取りすれば、出来上がりです。

円柱を黒鉛筆で縁取り

以上が円柱の描き方です。

まとめ

着色の基本

以上、基本的な球体、三角錐、立方体、円柱の描き方でした。
チョークアートの描き方を練習する上で、重要な要素がたくさん入ってます。

チョークアートを始めたばかりの人は、立体図形が上手く描けるようになるといろんな物を描くことが出来ます。

手順は、球体の描き方が詳しく書いていますが、基本的には全ての形で、同じように描いていってください。ここでもう一度大切なことは、

  1. 光が当たる場所を意識して描く
  2. 色を塗るときは優しく
  3. 色を混ぜるときは優しく

この3つを意識して塗ると誰でもうまく塗ることができます。

わかりにくい箇所などがございましたら、連絡をいただけるとありがたいです。