チョークアートでハロウィン!カボチャとキャンディーを描いてみた

作品

こんにちは、sato.(@satochalkart)です。

10月のイベントといえば、ハロウィン!
カボチャとキャンディーを描いてみましたので、準備や使用した色や描き方の手順を紹介していきます。

季節のイベントにあった絵を飾るだけでも楽しい雰囲気が作れるので、ぜひ描いてみてください。

 

スポンサーリンク

準備するもの

チョークアートを描くための道具、黒板とオイルパステルを用意します。
その他必要な道具はこちらあわせてご覧ください。

チョークアートを始める!基本的な画材や道具を揃える!道具まとめ
黒板にステキな絵を書くチョークアートをご存知でしょうか?趣味でチョークアートを始める方も多いです。チョークアートを始めるならどんな道具を揃えればいいのかを紹介します。値段も安く購入しやすいものをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。...
初心者必見チョークアートの基本!立体図形の描き方を写真付き解説
初心者の方に向け黒板アート「チョークアート」の描き方を紹介しています。チョークアートの基本としてまずは立体図形を描いて、描き方の練習をしていきましょう。ここでは写真付きでそれぞれの手順を細かく解説しています。

 

チョークアートでカボチャとキャンディーを描いていきます

チョークアートの下絵

チョークアートでカボチャとキャンディーを描いていきます。

ハロウィンといえば、カボチャです。そして、いろんな色が使えるキャンディーを描いていきます。白鉛筆で黒板に写し、着色していきます。

 

下絵

 

カボチャの着色

使用するオイルパステル

カボチャを着色していきます。

今回使用するオイルパステル・ No.100 WHITE
・ No.106 DEEP ORANGE
・ No.111 PALE VERMILION
・ No.126 TERRA COTTA

・ No.123 RAW SIENNA
※ ぺんてるのオイルパステルのナンバーです。

全体の色の使い方のイメージとして、

光の当たる部分は、No.100 WHITE
全体の基本色としては、No.106 DEEP ORANGE
だんだん暗くなる部分は、No.111 PALE VERMILIONとNo.126 TERRA COTTA

カボチャのスジの部分はNo.111 PALE VERMILIONとNo.126 TERRA COTTAで
表現しています。

No.123 RAW SIENNAとNo.100 WHITEで目の部分や口の部分の見える側面部分を着色しています。

オイルパステルでカボチャの着色

 

キャンディーの着色

キャンディーはいろんな色で着色すると華やかなイメージになります。

オイルパステルでキャンディーの着色

サンプルとして、ストライプの入った包みキャンディーを紹介します。

今回使用するオイルパステル・ No.100 WHITE
・ No.117 ROSE MADDER
・ No.??? ROSE PINK
・ No.120 DEEP MADDER
※ ぺんてるのオイルパステルのナンバーです

着色に関しては、球体の着色をイメージです。

ストライプのキャンディーの着色について、
最初に薄い色で全体を着色してから、のちに濃い色でストライプの部分を着色する

という方法が一番簡単に着色できました。

ストライプのないキャンディーは球体のイメージで着色していきます。

オイルパステルでキャンディーの着色

全体のキャンディーの着色をしてみて、
細かい部分はオイルパステルの角をうまく使って着色することが必要です。
色は、うすい黄色は着色して、はっきりとした立体感が出にくいので、少し濃い色で
着色がいいと思います。

また、くるくるキャンディーは、
下絵をしっかりと描いて、光の当たる部分をきっちりイメージしておくことが大切です。

オイルパステルで棒付きキャンディーの着色

 

帽子の着色

オイルパステルで魔女の帽子の着色

魔女がかぶっている帽子の着色です。

今回使用するオイルパステル・ No.100 WHITE
・ No.112 SCARLET
・ No.127 INDIAN RED
・ No.121 VIOLET
※ ぺんてるのオイルパステルのナンバーです

光の当たる部分は、No.100 WHITE
帽子の帯の部分、No.112 SCARLET
帽子の帯の端の部分、No.127 INDIAN RED
帽子全体の色、No.121 VIOLET

特に難しくないので簡単に着色できます。

 

チョークアートでハロウィンの作品完成

チョークアートでハロウィンの完成

いろんな色を使用して着色してみると、色の特性や各オイルパステルの使用感がわかります。
また、たくさんの色を使うとより、『チョークアート』感の強い作品に仕上がりますね。
より楽しいイメージができます。

 

今回の作品での反省点

今回の反省は、3点

・黄色キャンディーの着色
・くるくるキャンディーの着色
・キャンディー同士の境目

うすい黄色と白色で立体感を表現するのは、難しいと感じました。
もっと濃い色とうすい色とメリハリをつけた色を選んで仕上げる方がいいと感じています。

くるくるキャンディーについて、
事前にしっかりと下絵を描いてイメージを固めることが必要。
事前によくした絵を描かずに描き始めたので、どの部分が明るく、どの部分が暗くということが、しっかりとイメージできていません。なので全体的になんとなくな着色に仕上がっています。

キャンディー同士の境目、
絵を遠目から見ると気にならないところですが、近づいて見ると、キャンディー同士の境目が綺麗に仕上げられていません。もう少し丁寧に書くことが必要です。

今回の反省点は以上。
個人的な反省点でもありますが、これらの点を意識していただけると幸いです。

 

ハロウィンで描きたいもの

ハロウィンのイメージを描きたいけどなにを書けばいいのかと言う方に、簡単ですが、
ハロウィンといえば!なものを記載しておきます。

少しでもアイデアの参考になればと思います。

ハロウィンといえば、

洋館、月、枯れ木、お墓、クモの巣、

魔女、オバケ、カボチャ、クモ、コウモリ

お菓子(キャンディー、クッキー)、仮装、などなど。

ハロウィンの色は黒とオレンジが主な色となってくると思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ハロウィンの作品です。いろんな色を使うと楽しい作品ができますね。
ぜひ描いてみてはいかがでしょうか。

 

作品
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
sato.をフォローする
スポンサーリンク
satochalkart-チョークアートや黒板にオシャレに手書きイラストやカフェのメニューの書き方

コメント